転職の際に求められている人材とは何か

IT系の転職の際に求められている人材とは、もちろんITに関する知識を持っている者、技術を修得している者である。しかし、最近ではコミュニケーション能力やリーダーシップ能力を持った人材が求められるようになっている。IT系の転職の時に人材募集を見てみると、使用できるコンピューター言語やフレーム、関わったプロジェクトなど細かに設定されている場合がある。転職ならば、即戦力として雇用をしたいという企業の姿勢がよく分かる。しかし、ITに関する技術だけしか持っていない者や、知識だけの者だと、将来的にその会社で活躍できるかは未知数となってしまう。実際にこれまでに関わったプロジェクトから問題対応能力を見たり、判断されることがある。また、営業能力や顧客対応能力などもこれからのIT業界には必要となってくるので、その部分も面接などで判断される。転職の際に必要となる職務経歴書にはできるだけ具体的なプロジェクト名、役職などを記入した方が良い。

転職をしてくる人に言いたいIT業界の将来性

私はIT業界に何年かいるが、その動向は肌で感じているつもりだ。そんな中未経験者もIT系の転職としてやってくることが多く、中途には人気の業界ではあるが、これからどうなっていくのか私の見解をまとめる。おそらく最もハードウェアが売れ、ITバブルと呼ばれ全てのことをITでできるという期待があり、企業がどんどんシステムにしたのはもう過去の話、2000年までと、2007年あたりまでであろう。そのころは、サーバが売れ、システムインテグレータの売上高も非常に高かった。しかしここ数年、クラウドの波により、企業がサービスとしてITを利用し、買うことを辞めてきたのである。そうなると、軒並み売り上げも減り業績も下がる一方である。このような状況ではサービスとしてのシステムを確立できたものが残るということになる。このように時代の波にいち早く対応できた企業しか残れない、弱肉強食の時代になるのである。IT系の転職の際には業界のそんな事情についてよく検討し、現在の規模だけで選ばない方がよさそうである。

転職する人がかんがえるべきこの業界の未来

IT系の転職をする人が非常に多い。もともとこの業界は新卒には不人気であり、大変なイメージしかないものである。従って働いてみてやっぱりきつかったという人がよく転職するのである。しかし大半は同じ業界内での転職であり、現在の職場でなければ、もっと楽でやりがいがあるだろうと思っているのである。しかし実際はこの業界はどんな会社も結局は同じようなことをしており、激務にかられている。そんなこの業界にIT系の転職してまで居続けるわけだが業界の未来はどうなのか。何度か再編を行ってはきているが今は、行き詰まり、抜け道のない状態になってしまっている。相次ぐ価格下げ合戦、ITへの過度の期待の沈下、そしてたくさんの技術の混在、極めつけは、クラウドバブルによる、マイナス面。クラウドで盛りあがっていそうで、実は、企業がサーバを所持しなくなったせいで、売上などが軒並み落ちているのである。これからはサービスとしてのITが中心になる中で、下降気味の年収も非常に気になる。

転職のイメージと業界の課題

インターネットを使ったビジネスが真っ盛りという感じです。また、新しいタブレットPCの発売日に長い行列が出来ていたのも、記憶に新しいところです。傍目には、さぞIT業界は好況だろうという感があるのですが、意外にも、IT系の転職希望者が少ないそうです。学生の業界に対するイメージとしては、仕事がきつい、深夜近くにならないと帰れない、給料が低め、というものでした。確かに、システムエンジニアとして働いている人からは、夜9時帰宅は毎度のことで、時には会社に泊まりこみ、などとという話も入ってきます。IT系の転職でへとへとになってうつ病を発症する人が、他の業界の倍ほどあると聞きます。そうだとすると、IT系の転職に一歩踏み出せないという気持ちもわかる気がします。原因は、慢性的な人手不足にあることと、夜間の仕事を依頼されることとがあるようです。請負が過重になりやすいシステムも、見直しが必要でしょう。人手不足の緩和に、アウトソーシングするのも一つの方法です。

転職とその業界の特性

転職は転職でも、同じIT業界でする、IT系転職。
IT系で転職する、という行為はそう珍しいことでもありません。
例えばプログラマとして一つのプロジェクトに参加していても、色々な人がそこにはいることが多いです。
派遣されている人も多くいることでしょう。そして、そのプロジェクトが終わればまた他のプロジェクトに参加し、他の人と出会うことでしょう。
コネクションも増えます。そして、会社を変えても、知識の使い回しがしやすいのです。
またプログラマでたとえますが、一つの言語を覚えて使えるようになったのであるならば、他の会社でももちろん使えますし、次の言語も覚えやすくなります。そして、プログラマである限り、それは決して無駄になりません。
今の会社であっても、次の会社であっても有効に使うことができるのです。そして、それはプログラマだけに限らず、プログラマからシステムエンジニアになっても同じです。
IT業界内での転職というのは、知識を使い潰すことができる転職、ともいえるのではないでしょうか。そしてそれは、IT系転職のメリットといえるでしょう。